柏レイソルを中心に、サッカー観戦や日々の出来事を書くblog。


by nkgp2001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第86会天皇杯4回戦 柏VS磐田(A) 残り試合へ続く道

去年の天皇杯5回戦を見に行かなくて悔しい思いをしたので、
今年は勝ち進むところまで見に行くつもりだった。

この試合、スタメンの心配していましたが、それよりもJ1のベストメンバー
相手に選手がどれくらいプレーできるかが楽しみでした。

試合開始直後は完全な磐田ペース。ボールをいいように回され、1対1で抜かれ、
こちらの守備陣は連携がイマイチでマークしきれない。
そんな中で前田をフリーにして失点したので、今日は虐殺もありうるかなと
覚悟を決めたのですが・・・
15分を過ぎたあたりから修正が効き始めて、だんだんと柏の攻める時間も出てきました。
良い動きをしていた石川は足を痛めていたらしく途中交代。
前半印象に残ったシュートはこれくらい。
・谷澤の左サイドでトラップ→単独で中に切れ込んでシュート
・左CKでファーサイドの石川ヘディング→ポスト右へ・・・

後半開始からドゥンビア投入。磐田DF陣が混乱する中、同点ゴール!!!
その後も五分の展開。福西OUTの後からさらに柏ペース。
磐田もファブリシオ・太田を中心に鋭い攻撃を披露。
危ないシーンも多々ありましたが守備陣の気迫あふれるプレーで失点を阻止!
(後半の途中から足を釣る選手が出てくる)
柏は動きが止まった磐田相手に決定機を作るも決められず。
・スパサカで出てきた達ちゃんのシュート
・由紀彦の強烈なシュート
・永井のヘッド 等々・・・

90分で決着つかず、シルバーゴール方式の延長戦へ。
由紀彦の惜しいシュートや川口の「これぞファンタジスタ!」と柏サポを
うならせるプレー、めまぐるしく攻守が入れ替わるなど、
見所は多々あったが双方とも点にはならず。

そしてPK戦へ。
祐三が止められた後の加藤、気合いの入った由紀彦
その他全員のために勝ってほしかったが結果は負け。


久しぶりに選手短評を。

加藤:好セーブを見せ続けた。この日の君は格好良かった。
   次節以降もこのパフォーマンスであれば安心できる。
   雄太がいなくても加藤がいれば! と言われるようになってほしい。

亮:前半は右SB、後半は左SB。守備に攻撃に文字通り奔走した。
  息を切らせながらもしっかり走る姿を走らなかった選手に見習わせたい。

祐三:序盤を除けばしっかりCBを勤めていた。
   祐三が大きな怪我をしなかったことが救い。次節も頑張れ!

近藤:序盤のバタバタ(失点以外の部分)をみてダメだと思った。その後
   祐三としっかり立て直したところはさすが。足をつっても走り続けた
   のには頭が下がる。仙台戦までに怪我が治ることを祈る。

石川:太田とのマッチアップで手を焼いていたが、果敢なオーバーラップ
   を見せるなどよくやっていた。仙台戦までは無理そうな・・・

藏川:服部が入ってきてからはプレーがしづらかったかもしれないが、
   良い局面を作り出していた。シュートは相変わらず良い。

落合:ボランチで輝く。カードのシーンは一定しない判定に泣かされた気も。
   次節の神戸戦、DF不足が深刻だ・・・
   (落合出場停止、近藤と石川怪我)

永井:前に上がりすぎて落合に怒られるシーンもあったが、攻守に奮闘。
   あのヘッドか後半最後のシュートが決まっていれば。これだけ出来る
   という部分ではアピールできた。

谷澤:前半は良いプレーも随所にあったが後半は消えていた。
   もっと動けるはず。もっとやれるはず。サポの期待は大きい。

平山:タラレバはいけないが、平山と藏川がスタメンだったら、
   90分で勝ちきっていたかもしれない。

石舘:上田とのマッチアップで分が悪かった。
   攻撃時にはもっと勝負してよかったと思う。FW出身ならなおさら。

由紀彦:FWとしては厳しいが、後半以降トップ下で本来の動きをする。
    勝負に対する気迫が感じられた。あとは精度。

鈴木達:良いシュートが多かった。しかし、打てる局面で打たなかったのは
    問題だと思う。自分で決めるという欲がほしい。

ドゥンビア:トラップがもう少し上手くなるとチャンスが量産できそう。
      押さえられたり止められたりもしたが、1トップとして仕事した。
      後は球離れの改善。


ちなみに、磐田で一番怖かったのは太田。
個人的にはMOM。キレ・シュート・クロス・運動量全て○。


負け試合でこんなに清々しい気分なのは珍しい。
選手もサポも勝ちたかったのは間違いないが、結果を受け入れよう。
これだけ熱い選手が勝ちに執着する試合を見られたのだから。

来年は普通にJ1で互角の勝負が出来るように、
これからの5試合を「一つずつ」確実に勝って行こう。
この気迫溢れるプレーが出来るなら、5連勝も不可能じゃない。
まずは難敵神戸をアウェイで倒そう。
[PR]
by nkgp2001 | 2006-11-07 22:46 | 柏レイソル