柏レイソルを中心に、サッカー観戦や日々の出来事を書くblog。


by nkgp2001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

J1第10節 柏 vs 浦和  まだまだ我慢の時

5月一杯までは我慢の時期。開幕時からそう思っています。
いまでもチームのことを信頼しています。
この試合も相手の状態が良くはなかった。勝つチャンスはあった。
けれども流れを手放してしまった。

痛い負けではあるけど、これが糧になればいい。
選手・監督に対してはそう思う。
そう思えない部分は後で記載。

柏 2-3 浦和


浦和
・エジミウソンが完全に復活。あれはかなり怖い存在だった。
 (川崎のブラジル人のいいとこ取りな感じだった。)
・トゥーリオが色々な局面でフリーになって、攻撃面で効いていた。
・フィンケ監督に代わって、チームとして連動しているのが見られておもしろかった。
 特に、攻守の切り替えとパスのつなぎがよかった気がする。
・チームとしてまだまだ成長途上。これが先が怖いけど楽しみ。
・去年のサッカーとは雲泥の差。
・その中にあって、高原のプレーに怖さをまったく感じなかった。



・1点目は祐三とキタジのプレーに感謝。
・祐三はやっぱり攻撃センスもあると再確認。
 (昔から攻め上がる姿が好きだった。シュートするか、ラストパスを出すまで帰ってこない。
 特に自分の形でシュートする姿はいい形だったし、精度も高かった。
 大分戦のときは、練習時からいいクロスを出していた。右SBは合うかも。
 今後も右SBかボランチで攻守の切り替えをうまくみてもらえるといいかもしれない。
 CBで古賀と組むと被る。近藤と古賀の組み合わせでいってもらいたい。)
・中盤の3枚はしっかり効いている時間帯もあった。
 が、前半の半分近くと、運動量が落ちてきた後半20分以降はフィルターがかからなかった。
 (これについては後述する)
・相変わらずセットプレーのマークが甘い。


>5月が終わるくらいまでは、多少内容が悪くてもいいかなと。
>新しい事に選手・監督がチャレンジしてるなら、こっちも暖かく見守ろうかと考えてます。

これについては今もそのスタンスを変えていません。
ただし、今回の試合についてはちょっと言いたいことが。

4月29日の清水戦、中盤の運動量が落ちてきた時間帯に失点。
その時間帯は中盤が間延びして、巌より前と浩太より後ろになっていた。
今回の浦和戦、4-3-3の中盤3枚がフィルターとして機能しなくなった後半20分過ぎから
完全に浦和のペースに持って行かれた。
その時間帯で3人のうち1枚でも運動量のある選手に替えていたらば、違った結果になったかもしれない。
もちろん、中盤の選手を替えるリスクはあるかもしれないけど、それをしないで痛い目にあった清水戦。
その教訓を国立でしっかりと生かしてほしかった。

高橋監督の采配は見事にはまることが多い。見ていて感心する。
この試合でもフランサ・次郎の同時投入は見事だったけど、タイミングが遅すぎた。

自分は選手も監督も信頼しているし、もっとできるチームになると思っている。
そこまで熟成するのを待ちます。
はっきり言ってまだ焦る時期じゃない。
中位集団とは勝ち点差3しか離れていない。
試合は6月の中断後でも20試合も残っている。
このチームがもっと楽しくいいサッカーができる姿を見守りましょう。

さて、ここから先はとりとめのない話。




個人的に、この試合で一番きつかったのは、サポーターが完敗だったと感じたこと。
あくまで量ではなくてその質。
(自分と一緒に見ている仲間は、当てはまらないんだけど・・・)

あの試合展開を見て、
「勝ちゲームだったのに何で負けたんだ!」
なんて、どう考えても言えるわけない。
もちろん、多くの人が「切り替え」とか「上を向こう」とか励ますの中で
こんなアホなヤジを聞いてしまうとこっちのテンションが落ちる。
見方の戦意を削ぐような馬鹿発言は、頭で一回よく考えてから口に出すかどうか決めてもらいたい。
それでも言う人には、「馬鹿も休み休み言え!」と言いたい。


また、あれだけゴール裏に人が大勢いても、出ている声は物足りなかった気がする。
あれじゃ、少数の精鋭とその他大勢の「烏合の衆」。
しっかり声を出して応援できる人が大勢増えないと厳しい。



「全ての面で勝つ」のならば、まずはサポーターの質を上げるのがいいのかなと感じました。
どうやったら質があがるのか?

・いいサッカー仲間に巡り会うこと

自分の場合はこれにつきる気がします。
古巣で、今の柏で、海外の代表戦で、
それぞれの場所でいい仲間に恵まれたことで、自分のサッカー観が磨かれました。
他の人にこれが当てはまるのかは自信がない。
同じ物事を見ても人によって見え方は違うはずだから。

試合中に敵味方かまわず罵声を浴びせる人たちの意識改革が巧くできれば
マイナスをプラスに変えることができるはず。
何かうまい方法はないのか、まじめに悩みが尽きません・・・
[PR]
by nkgp2001 | 2009-05-08 01:20 | 柏レイソル